やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
佐々木酒造

京都の食文化研究、今回は日暮通椹木町に
あります佐々木酒造さんにお邪魔し、
社長の佐々木晃さんにお話しを伺って
きました。

京都のお酒といえば今も造り酒屋が軒を連ねる
伏見のイメージが強いのですが、洛中(京都
市内)にはその昔、350軒ほどの造り酒屋が
あったそうで、実は京都のお酒の起源は
洛中だったとか。
年貢米が京都に納められ、質のよいお米が
集まったからだそう。
今、京都市内に残る造り酒屋は2軒。
そのうちの1軒が佐々木酒造さん。
佐々木酒造さんの家訓は『よい酒をつくり、
事業を継続し次の世代へ渡す』ということ。
その家訓が確実に受け継がれているから
今がある。


お酒の様々なブームがある中でも、堂々と
佐々木さんはとにかく流れに任せておけばよい
とされていて、
「日本酒は好きな人に気楽に飲んでいただけ
たらよい。日本酒の魅力はお酒を酌み交わし、
人と人との距離を縮める役割をする飲み物
なんです」
よいものを作り、継続させ、楽しく飲んで
もらう。
他にも色々なお話を伺い、こちら
でもまた、
おもてなしの
本質を教えていただきました。

日本酒の本来の楽しみ方と気楽に飲むと
いうことを作り手の佐々木さんから教えて
いただいた私は日本酒をますます好きに
なりそうです。

「日本酒にうんちくはいらないよ」と
難しいことを語らずに伝えてくださった
佐々木さんのお人柄がまた、日本酒好き
の人を増やしていくのだろうな、そんな
ことを感じました。

秋の飲み比べセット、楽しませて
いただきます!
12:10 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |
塩芳軒

京都の食文化研究、今回は黒門通中立売にあり
ます和菓子の『塩芳軒』さんへお邪魔し、
専務取締役の高家啓太さんにお話しを伺って
きました。 

和菓子は想像を楽しむお菓子であるというお話。
生菓子をいただくときなどは、頭の中にその季節、
情景を想い味わっている私にとって、共感できる
ことが多く、和菓子の魅力をより鮮明にすること
ができました。

左)お土産にした落雁の『小口』 
右)青い毬栗に見立てられた生菓子

代々続いているお菓子は想像を働かせることで
時代を超えて共有できる力を持つ食べ物である
というお話も興味深く、昔から続いている味、
ものにはそういう役割があるのだということ
にも心が温まりました。

代表銘菓 創業時からの焼饅頭『聚楽』 

想像できる感覚があってこそ、読み取ることの
できる和菓子の世界。
感覚は環境によって育てられるのであれば、
いかに環境が大切かということもお話を伺って
いる
中で考えさせられました。

近代化、欧米化が進む我が国ですが、その価値観
を次世代へ伝えていくには季節感、感覚が研ぎ
澄まされるような環境、生活スタイルが大切で、
日本古来の生活様式を見直すことも、本来持つ
誇らしい美しい日本の文化や食を守るためには
必要なのだろうなと改めて考えさせられました。


和菓子はいただくのも大好きですが、みている
だけでも
心豊かになれますね♪
塩芳軒さんの和菓子は、味わい深く、また上品
で癒されます。

百味展にて 秋を描かれたお干菓子の展示には
うっとりでした♪
17:36 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |
萬重

先日、京都の食文化研究、今回は西陣にあります
京料理『萬重』さんにお邪魔し、若主人の
田村圭吾さんにお話しを伺ってきました。

田村さんも和食のユネスコ無形文化遺産登録に
ご尽力をされたおひとりで、また、小学生など
への食育活動にもお力を注がれています。
おもてなしのお考えをお聞きしたり、海外から
見た日本のこと、日本の食文化の危機などに
ついてお話をいただきました。
今後の指針になるような大切なお話を2度に
渡って沢山伺い、共感させていただくことも
多く、また温かいご協力もいただき本当に
感謝しております。

暖簾をくぐり、石畳を通り抜け、迎えていた
だいた先、数々の美しい絵画にも迎えられ、
通していただいたお部屋は緑が美しいお庭の
見えるお部屋でした。
雨に濡れた木々や苔がしっとりとキラリ、
お庭も絵画のように美しく輝いていました。
その中で、ゆったりと一品一品、季節感
たっぷりの美味しい会席料理。おもてなしの
深さを感じせて
いただきながら、落ち着いた
ひとときを過ごすことが
できました。

20:14 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |
ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展
 
印象派の画家たちが愛したジャポニズム。
本当にそれがよくわかる展覧会でした。

モネの『ラ・ジャポネーズ』はこの展覧会に
あたり修復をされたそうですが、圧巻な美しさ。
しばらく、ずーっと眺めていました。
日本美術をここまで愛していてくれたんだと思うと
胸が熱くなり、日本人であることを本当に誇らしく
思いました。

浮世絵や工芸に影響されたであろう西洋画家の作品が
横に対比するように並んで展示されており、西洋画家
たちの絵ももちろん好きな私なのですが、日本美術
独特の美しさにまた魅了されました。

美しいものに影響されて、また美しいものが生み出される。
美しく、心に響くものを見続けていきたいなと思いました。

岡崎もだんだんと秋が深まり、葉が濃くところどころ
色づいてきている様子でした。


20:37 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
平等院表参道 竹林

京都の食文化研究の取材に同行させていただく
機会に恵まれ、宇治にあります京料理の
『平等院表参道 竹林』さんにお邪魔
して
きました。

ご主人の下口英樹さんに色々とお話しを伺い、
和食が世界で
認められるまで時間をかけて
活動されてきたことや、京都の
お店が代々
続いていくことができるのは地域密着で支え合う
力が多く人が温かいからだということ、京料理は
クラシック
のように見えるが実は時代に合わせて
最先端のものを追及し
進化し続けているので
モダンなんだということを教えて
いただきました。
他にもいろいろ。
京都人でありながら、お話を聞いて、はっと
気づかされ納得
することが多く、お話に惹き
込まれた時間でした。

お話を伺った後は宇治川と青紅葉などの素敵な
景色の見える
お部屋で、季節のお料理が詰まった
お弁当を美味しく
いただきました。お抹茶を
使ったお料理で宇治を、香りの
よい松茸ご飯で
秋を、しっかり感じてきました。

20:06 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |
三丘園

綾小路新町にある三丘園さん。
昔ながらの京町屋の畳のお部屋でいただけます。
抹茶プリンで有名なのですがこの日は既に売り切れ。
ということでこちらもおいしい濃厚な
抹茶チーズケーキセットをいただきました。
水出しのお煎茶もたっぷり入っていて
ゆっくり、ほっこりさせていただきました。

 
10:18 | 京のカフェ | - | trackbacks(0) | - | - |
祇園祭 前祭巡行
 
祇園祭山鉾巡行。
今年は祇園祭の始まり、長刀鉾が午前9時に四条烏丸を出発するところを見届けることができました。

掛け声とともに始まるお囃子の音色、参列者の歩く音、ぎしぎしと揺れる鉾の音、車輪を操る音、時々あがる観客の歓声。その音の調和と美しく飾られた山鉾の様子に今年も魅了されました。
毎年観ているのですが、この感動は変わることなく、年々大きくなってることをまたしても実感。

  
その後、いくつか山鉾を見届けた後、先日紹介した保昌山の綺麗になった姿を写真に収めてきました。
左)平井保昌が和泉式部のために紅梅を持ってきた姿。
右)四条烏丸で巡行の順番待ちをしている保昌山。前を通り過ぎていく月鉾。

 
今年から後祭りが復活しましたので、この雰囲気をもう一度味わうことが
できますね。お見逃しの方はぜひ後祭り24日の巡行にお出かけくださいね。
22:00 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
祇園祭 保昌山
  
東洞院高辻下がった所にある縁結びの山として有名な保昌山。
丹後守平井保昌と和泉式部の恋物語がテーマにされた山です。
他の山鉾から少し離れたところにあるのですが、
縁結びの山ということもあって、沢山の人が来られます。
目に入ってくる絵馬にはそれぞれに素敵な願い事が書かれて
いて心が温まります。

私は小学生の頃、毎年こちらで浴衣を着て、唄を歌いながら、
ちまきや縁結びのお守りを売るお手伝いをお友達として
いました。今でも思い出せるくらいに、あの頃はそのお手伝い
をしているのが楽しくて嬉しかったなと懐かしく思い出されます。

私が子供の頃と少し光景は変わっていますが、
数年前より、広い意味で「色々な良縁に恵まれますように」
とその売っていた縁結びのお守りを買いに行くように。
今年も立ち寄ってきました。

10:43 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
京の癒し町家cafe 月の花
 
綾小路堺町東入るにあるカフェ月の花さん。
レンタルルームがあるカフェで、イベントや学び、人が集まる
場所で、私も時々利用させていただいています。
先日は『そば打ちと夏の冷酒ナイト』というイベントに参加
させていただきました。

癒し町家カフェと言われる所以はオーナーさんの皆様に
愛されていらっしゃるお人柄にもあり。
ゆったりした時間が流れる、癒されるカフェです♪


11:48 | 京のカフェ | - | trackbacks(0) | - | - |
いちご道明寺
 
桜もちを作った時の道明寺残り半分で作ったいちご道明寺。
甘酸っぱいいちごとあんこと道明寺♪
あんこも中にしっかり隠れています。
いちご大福とはまた違うおいしさがいいですね♪



14:12 | 手作り和菓子 | - | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--