やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
<< 大西漆器店 | TOP | 貴船神社 >>
京漬物 福田本店
  
京都の食文化研究、今回は二条寺町にあります
『京漬物 福田本店』さんにお邪魔し、代表の
福田正夫さんとお話しさせていただいた時のこと
を綴らせていただきます。

 
「お漬物は彩りもよく、家庭を幸せにする
スパイスのような存在」と表現された福田さん。

お漬物は添え物であるけれど、京都では昔から
食卓に欠かせないものでした。
京都ではお漬物屋さんが今でも100件以上あり、
福田さんは京都の歴史的な背景からもより良い
ものを作ろうとする気質が皆にあり、研究熱心
な人が多いとお話されました。


お漬物に使われる野菜はものによって水分量も
違うので伝統的でシンプルな手法で作るから
こそ、ある一定のものに仕上げる難しさが
あるそう。
そこには日々の研究を重ね、熟練された職人
さんであるからこそできる技が必要とのこと。

素材を吟味し、切磋琢磨し、その素材の良さを
生かして作られた本物であるからこそ、京都の
お漬物は美味しくて魅力的と言われるのですね!

そして、本物のお漬物の魅力は、食物繊維も
豊富なうえに発酵食品ということ。健康、
美容食であるという点も見逃せません。

けれども、最近では家庭の食卓の変化で
お漬物自体が上らなくなってきているようで、
小学生の体験授業などで来て、初めてお漬物を
食べて美味しいと気に入る子供が多いそう
なのです。せっかくのおいしい、良いものを
食べる機会が家庭で減っているのは残念で、
もったいないですね。。
でも、美味しいものは子供たちにもちゃんと
わかるのですね!

ごちそうを食べた後のお漬物とお茶漬け、
これほどホッとして食べている食べ物は
ないなぁとお話をお聞きしながら、そんな
ことも思い出し、お漬物の魅力を再認識
させていただきました。

色とりどり、色々な魅力を持つお漬物、
これからももっともっと食べられると
いいですね!!
使い方も色々考えていきたいなと思います。

 
18:01 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://kyoonnablog.tfl-direction.com/trackback/1083994
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--