やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
<< 平等院表参道 竹林 | TOP | 萬重 >>
ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展
 
印象派の画家たちが愛したジャポニズム。
本当にそれがよくわかる展覧会でした。

モネの『ラ・ジャポネーズ』はこの展覧会に
あたり修復をされたそうですが、圧巻な美しさ。
しばらく、ずーっと眺めていました。
日本美術をここまで愛していてくれたんだと思うと
胸が熱くなり、日本人であることを本当に誇らしく
思いました。

浮世絵や工芸に影響されたであろう西洋画家の作品が
横に対比するように並んで展示されており、西洋画家
たちの絵ももちろん好きな私なのですが、日本美術
独特の美しさにまた魅了されました。

美しいものに影響されて、また美しいものが生み出される。
美しく、心に響くものを見続けていきたいなと思いました。

岡崎もだんだんと秋が深まり、葉が濃くところどころ
色づいてきている様子でした。


20:37 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://kyoonnablog.tfl-direction.com/trackback/1083989
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--