やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
<< ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展 | TOP | 塩芳軒 >>
萬重

先日、京都の食文化研究、今回は西陣にあります
京料理『萬重』さんにお邪魔し、若主人の
田村圭吾さんにお話しを伺ってきました。

田村さんも和食のユネスコ無形文化遺産登録に
ご尽力をされたおひとりで、また、小学生など
への食育活動にもお力を注がれています。
おもてなしのお考えをお聞きしたり、海外から
見た日本のこと、日本の食文化の危機などに
ついてお話をいただきました。
今後の指針になるような大切なお話を2度に
渡って沢山伺い、共感させていただくことも
多く、また温かいご協力もいただき本当に
感謝しております。

暖簾をくぐり、石畳を通り抜け、迎えていた
だいた先、数々の美しい絵画にも迎えられ、
通していただいたお部屋は緑が美しいお庭の
見えるお部屋でした。
雨に濡れた木々や苔がしっとりとキラリ、
お庭も絵画のように美しく輝いていました。
その中で、ゆったりと一品一品、季節感
たっぷりの美味しい会席料理。おもてなしの
深さを感じせて
いただきながら、落ち着いた
ひとときを過ごすことが
できました。

20:14 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://kyoonnablog.tfl-direction.com/trackback/1083988
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--