やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
<< 八坂神社 | TOP | 光の賛歌 印象派展 >>
櫛と簪とおしゃれ

細見美術館で開かれている『澤乃井櫛かんざし美術館』
所蔵の櫛や簪の展覧会へ行ってきました。普段柘植の櫛
を愛用している私にとって、櫛は身近な存在です。

木や象牙や鼈甲などでできた小さな櫛の中に、彫りや蒔絵や
螺鈿、金銀を使って細かな美しい植物や風景などの装飾が
されており、可愛いものや粋なものばかり。本物で素敵♪

口紅入れの紅板と呼ばれるものやおしろいを入れる陶器も
展示されていたのですがとっても可愛くて、ほんとにひとつ
ひとつがお洒落だなぁと、その時代にタイムスリップして
みたい気分になりました♪

その当時の女性たちは今のような情報がないために
浮世絵から情報を得てお洒落に励んでいたようです。
浮世絵に描かれている女性たちはお洒落ですものね☆

昔の物を見ると、昔の日本の人の美意識の高さとその細やかな
工芸技術は素晴らしいなあといつも感心させられます♪

   
23:29 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://kyoonnablog.tfl-direction.com/trackback/1083974
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--