やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
<< 万願寺唐辛子の昆布煮 | TOP | 京都 和久傳 >>
浮世絵の夏
 
美術館えきKYOTOで開催されている『浮世絵の夏』展へ行ってきました。
江戸時代の人たちが京都や江戸で涼をとる姿が描かれた浮世絵の展覧会。
作品の中の浴衣の柄をみていると、粋でお洒落な感じのものが多いですね。
女性の浴衣は古典柄がやっぱり素敵♪
男性の浴衣は今とちがって大胆な大柄が多くかっこいい。
こういう絵画やそのデザインをみると、日本文化の力を感じるし、誇りに思います。
海外の新しいものもいいけど、ジャポニズムは今の日本でも、もっともっと生かされるといいのかもしれないですね♪
海外の方のほうが、その独特な価値観、日本らしさ??をよく知っているのかな??

浮世絵。少ない色で描かれているのに赤が活かされていて艶やかでハッとする美しさでとっても綺麗でした♪
沢山の作品をみることができて充実した時間を過ごせました♪

09:22 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://kyoonnablog.tfl-direction.com/trackback/1083950
トラックバック

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--