やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
平安神宮

 
平安神宮へ行ってきました。
9日は成人の日。振袖姿や羽織袴姿の新成人が沢山。
平安神宮前はいつもより華やかな雰囲気でした☆
 
平安神宮は私にとって色々と思い出のある場所♪
私自身の七五三(7歳参り)の時に、様々な国の人たちに
囲まれて沢山写真を撮った思い出。(とても衝撃的でした
学生の時に巫女さんのアルバイトをして結婚式のお手伝いや
庭園の入口の受付をしていたこと。新聞社でアルバイトを
していた頃は春の紅しだれコンサートでのお手伝いや
七五三の受付をしたこと。
そして、子供の七五三で一緒にお参りしたことなどなど。
 
今から思えば、楽しみながら、時にはどきどきしたり
とてもいい経験を沢山させていただいたハレの場所なのです。
そんな懐かしいご縁のある神社。近くに行くと立ち寄ります。
しっかりお参りしてきました♪


     

09:59 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
八坂神社へお詣り

八坂神社へ恒例のおけら詣りに行ってきました。
一年前よりはるかに外国人観光客が増えていて、
益々京都が国際観光都市になってきていると実感。
ホテルの建設が進み、あちこちにゲストハウスが
できてきています。
子供の頃の京都とは随分変わってきていますが、
多くの方に京都を知っていただけるのは嬉しい
なぁ^^と思っております。
この素敵な町で生まれ育ったからには京都の
お役にたてるようになりたいな、そんな想いを
持って今年も活動をさせていただきたいと
思っています。
皆さまにとってもよい一年になりますように☆^^

 

22:58 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
京都市美術館の庭園

新緑が美しい岡崎。この季節の岡崎も大好きです。
その新緑の中を抜けて京都市美術館の庭園にある
藤の花を見に行ってきました。

 
池の周りにある木々も、静かに映る水面も新緑で
覆われていて新鮮な緑の空気の中にいるのが心地よく♪
この藤の優しさのある、気品ある紫に癒され♪
うっとりしばらく眺めているとこちらも優しい気持ちに
なってきます。


つがいで寄ってきたカモの様子に癒され♪
長閑なひとときを過ごすことができました。
10:31 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
光明院 東福寺塔頭
  
京都通の方から教えていただき、東福寺の塔頭の
光明院へ行ってきました。

あまり知られてないそうで、この観光シーズン
まっただ中にもかかわらず、心静かにこの庭園を
眺められるという贅沢感。
一日でも座っていられそうな、癒されるお庭。
色々な角度からの眺めに新たな発見がみられる
素敵なお庭でした。

 
とても奥行きのあるように見えるこの配置。
そしてこの配色。
本当に美しく、素晴らしい♪
私の大のお気に入りのお庭になりました。
心洗われる時間と言葉で言い尽くせない感動を
いただきました♪
感謝です!!
 
22:33 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
三十三間堂
 
快晴で桜が満開というお花見日和の中、三十三間堂へ
行ってきました。
1001体の観音立像のあるこちらはあまりにも有名
ですが、中へ入ってご本尊を拝観したのは実は
初めて。
 
このお堂の中にぎっしりと立ち並ぶ立像、その数にも
そして、千手観音像、一体一体の細やかさに圧倒
されました。
よく見ると色々な物を持つ42もある手が面白いのですが、
まず目に飛び込んでくる手を合わされているお姿に、
心を通わせこちらも自然と手を合わせていました。
限りない救いの手を差しのべてくれているという、
本当にありがたい観音さまですね。

風神雷神像をはじめ、28体の国宝観音像も様々な顔つき。
小さい頃に見ていたら、間違いなく目を塞いでいたと
思われる凛々しいお顔立ち。
きっとそんなこともあり、仏像に会う機会があっても
じっくり見るということを今まであまりしてこなかった
のかな。
今回、見比べる楽しさを知り、興味の幅が広がり
大人になりました♪
  




22:22 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
貴船神社
  
貴船神社へ龍神さまのパワーをいただきに
名前に龍のつく息子を連れて行ってきました。
パワースポットを意識して神社参りをしたのは、
実は初めてのこと。

貴船神社のfacebookページのトップ画像が
こちらだったのを目にして、行くことを決めた
のでした。
  
そして今回、『運気龍昇』と書かれた龍神札を
いただいてきました。
これを見ているだけで息子の運気もこれから
ぐんぐん昇る気がしてきます♪
私が引いた水占いのおみくじも中吉と、よい兆し♪
 
途中、雪がしんしんと降り出す中、奥宮まで
お参り。

寒いお参りになりましたが、貴船に集まる
水のマイナスイオンをたっぷり浴びてきました。
体も心も浄化され、また気持ちを新たに
頑張れますように。
 

21:42 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
ボストン美術館 華麗なるジャポニズム展
 
印象派の画家たちが愛したジャポニズム。
本当にそれがよくわかる展覧会でした。

モネの『ラ・ジャポネーズ』はこの展覧会に
あたり修復をされたそうですが、圧巻な美しさ。
しばらく、ずーっと眺めていました。
日本美術をここまで愛していてくれたんだと思うと
胸が熱くなり、日本人であることを本当に誇らしく
思いました。

浮世絵や工芸に影響されたであろう西洋画家の作品が
横に対比するように並んで展示されており、西洋画家
たちの絵ももちろん好きな私なのですが、日本美術
独特の美しさにまた魅了されました。

美しいものに影響されて、また美しいものが生み出される。
美しく、心に響くものを見続けていきたいなと思いました。

岡崎もだんだんと秋が深まり、葉が濃くところどころ
色づいてきている様子でした。


20:37 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
祇園祭 前祭巡行
 
祇園祭山鉾巡行。
今年は祇園祭の始まり、長刀鉾が午前9時に四条烏丸を出発するところを見届けることができました。

掛け声とともに始まるお囃子の音色、参列者の歩く音、ぎしぎしと揺れる鉾の音、車輪を操る音、時々あがる観客の歓声。その音の調和と美しく飾られた山鉾の様子に今年も魅了されました。
毎年観ているのですが、この感動は変わることなく、年々大きくなってることをまたしても実感。

  
その後、いくつか山鉾を見届けた後、先日紹介した保昌山の綺麗になった姿を写真に収めてきました。
左)平井保昌が和泉式部のために紅梅を持ってきた姿。
右)四条烏丸で巡行の順番待ちをしている保昌山。前を通り過ぎていく月鉾。

 
今年から後祭りが復活しましたので、この雰囲気をもう一度味わうことが
できますね。お見逃しの方はぜひ後祭り24日の巡行にお出かけくださいね。
22:00 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
祇園祭 保昌山
  
東洞院高辻下がった所にある縁結びの山として有名な保昌山。
丹後守平井保昌と和泉式部の恋物語がテーマにされた山です。
他の山鉾から少し離れたところにあるのですが、
縁結びの山ということもあって、沢山の人が来られます。
目に入ってくる絵馬にはそれぞれに素敵な願い事が書かれて
いて心が温まります。

私は小学生の頃、毎年こちらで浴衣を着て、唄を歌いながら、
ちまきや縁結びのお守りを売るお手伝いをお友達として
いました。今でも思い出せるくらいに、あの頃はそのお手伝い
をしているのが楽しくて嬉しかったなと懐かしく思い出されます。

私が子供の頃と少し光景は変わっていますが、
数年前より、広い意味で「色々な良縁に恵まれますように」
とその売っていた縁結びのお守りを買いに行くように。
今年も立ち寄ってきました。

10:43 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
さくら展〜横山大観から中島千波まで〜
 
桜のシーズン真っ盛りの今にふさわしい絵画展が
美術館「えき」KYOTOで行われています。
チケットをいただいたので行ってきました。

今年もきれいな桜をたくさん見た後ということで
日本の有名画家の皆さんがどんな桜を表現されて
いるのかと興味深く拝見しました。

表現法はそれぞれの画家さん違えど、可憐で美しい、
愛される花というのはどの絵からも感じられ、
桜のもつ魅力は絵を通しても変わらず、絵の中でも
優しくその美しさを放っていました。

はっと目を惹くのは、夜桜の作品。月の輝きによって
浮かび上がる桜の様子は、ライトアップの夜桜よりも
ドキッと美しく感じます。
花弁を丁寧に仕上げた里桜を描いた作品も素敵でした♪

今年も桜を色々な形で満喫♪今、しばらく心は桜色です♪



10:10 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--