やっぱり愛し、京都

Masako Yoshimura Kyoto blog                                                          
平安神宮

 
平安神宮へ行ってきました。
9日は成人の日。振袖姿や羽織袴姿の新成人が沢山。
平安神宮前はいつもより華やかな雰囲気でした☆
 
平安神宮は私にとって色々と思い出のある場所♪
私自身の七五三(7歳参り)の時に、様々な国の人たちに
囲まれて沢山写真を撮った思い出。(とても衝撃的でした
学生の時に巫女さんのアルバイトをして結婚式のお手伝いや
庭園の入口の受付をしていたこと。新聞社でアルバイトを
していた頃は春の紅しだれコンサートでのお手伝いや
七五三の受付をしたこと。
そして、子供の七五三で一緒にお参りしたことなどなど。
 
今から思えば、楽しみながら、時にはどきどきしたり
とてもいい経験を沢山させていただいたハレの場所なのです。
そんな懐かしいご縁のある神社。近くに行くと立ち寄ります。
しっかりお参りしてきました♪


     

09:59 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
【京あるきIn東京2016】〜恋する京都ウィークス〜に

お知らせです♡

2月13日〜3月13日に開催される

【京あるきIn東京2016】
  〜恋する京都ウィークス〜


という東京で開催されるイベントの中に、
私が京町家カフェ満月の花さんと茶道家の
田中賀鶴代先生と企画、コラボさせて
いただいています、


満月の花 和菓子カフェ
「旬の京野菜を使った生和菓子と
 お抹茶でおもてなし
 満月の花 はんなり体験」


を取り入れていただくことになりました‼

和菓子カフェについて
http://at-cerfeuil.jugem.jp/?cid=17

計3回 11:00〜 13:00〜 15:00〜
各回10名様限定 無料(お菓子、お抹茶つき)
(ご希望の方はレクチャーを受けながら
お抹茶をご自身で点てていただく体験も
していただけます‼)

東京都内、近郊の方、
是非お越しくださいませ♪^^


18:03 | 京のカフェ | - | trackbacks(0) | - | - |
八坂神社へお詣り

八坂神社へ恒例のおけら詣りに行ってきました。
一年前よりはるかに外国人観光客が増えていて、
益々京都が国際観光都市になってきていると実感。
ホテルの建設が進み、あちこちにゲストハウスが
できてきています。
子供の頃の京都とは随分変わってきていますが、
多くの方に京都を知っていただけるのは嬉しい
なぁ^^と思っております。
この素敵な町で生まれ育ったからには京都の
お役にたてるようになりたいな、そんな想いを
持って今年も活動をさせていただきたいと
思っています。
皆さまにとってもよい一年になりますように☆^^

 

22:58 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
和菓子カフェ Cafe満月の花

 

8月より京の町家カフェ満月の花さんと
茶道家でおもてなし研究家田中賀鶴代先生とコラボで
和菓子カフェを毎月第1・3水曜日15時より開いております。

京町家の癒し空間で、私、料理研究家の吉村雅子が
作りました京野菜を使った和菓子と田中先生に
点てていただいたフワフワのお抹茶でおもてなしを
させていただいております。

季節感を大切にする和菓子に、形だけでなく、
京都で採れた季節の野菜を組み合わせて、
より季節を、京都を感じていただけたら嬉しいな
との想いを込めて作らせていただいています。

これまでの京野菜 生和菓子は
●京とまととしょうがの生菓子
●京かぼちゃと梨と山椒の生菓子
●京えび芋とすだちの生菓子
です♪

お味も優しく作らせていただいてます。
よろしければ、お越しくださいませ^^

14:40 | 京のカフェ | - | trackbacks(0) | - | - |
京都市美術館の庭園

新緑が美しい岡崎。この季節の岡崎も大好きです。
その新緑の中を抜けて京都市美術館の庭園にある
藤の花を見に行ってきました。

 
池の周りにある木々も、静かに映る水面も新緑で
覆われていて新鮮な緑の空気の中にいるのが心地よく♪
この藤の優しさのある、気品ある紫に癒され♪
うっとりしばらく眺めているとこちらも優しい気持ちに
なってきます。


つがいで寄ってきたカモの様子に癒され♪
長閑なひとときを過ごすことができました。
10:31 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
光明院 東福寺塔頭
  
京都通の方から教えていただき、東福寺の塔頭の
光明院へ行ってきました。

あまり知られてないそうで、この観光シーズン
まっただ中にもかかわらず、心静かにこの庭園を
眺められるという贅沢感。
一日でも座っていられそうな、癒されるお庭。
色々な角度からの眺めに新たな発見がみられる
素敵なお庭でした。

 
とても奥行きのあるように見えるこの配置。
そしてこの配色。
本当に美しく、素晴らしい♪
私の大のお気に入りのお庭になりました。
心洗われる時間と言葉で言い尽くせない感動を
いただきました♪
感謝です!!
 
22:33 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
三十三間堂
 
快晴で桜が満開というお花見日和の中、三十三間堂へ
行ってきました。
1001体の観音立像のあるこちらはあまりにも有名
ですが、中へ入ってご本尊を拝観したのは実は
初めて。
 
このお堂の中にぎっしりと立ち並ぶ立像、その数にも
そして、千手観音像、一体一体の細やかさに圧倒
されました。
よく見ると色々な物を持つ42もある手が面白いのですが、
まず目に飛び込んでくる手を合わされているお姿に、
心を通わせこちらも自然と手を合わせていました。
限りない救いの手を差しのべてくれているという、
本当にありがたい観音さまですね。

風神雷神像をはじめ、28体の国宝観音像も様々な顔つき。
小さい頃に見ていたら、間違いなく目を塞いでいたと
思われる凛々しいお顔立ち。
きっとそんなこともあり、仏像に会う機会があっても
じっくり見るということを今まであまりしてこなかった
のかな。
今回、見比べる楽しさを知り、興味の幅が広がり
大人になりました♪
  




22:22 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
貴船神社
  
貴船神社へ龍神さまのパワーをいただきに
名前に龍のつく息子を連れて行ってきました。
パワースポットを意識して神社参りをしたのは、
実は初めてのこと。

貴船神社のfacebookページのトップ画像が
こちらだったのを目にして、行くことを決めた
のでした。
  
そして今回、『運気龍昇』と書かれた龍神札を
いただいてきました。
これを見ているだけで息子の運気もこれから
ぐんぐん昇る気がしてきます♪
私が引いた水占いのおみくじも中吉と、よい兆し♪
 
途中、雪がしんしんと降り出す中、奥宮まで
お参り。

寒いお参りになりましたが、貴船に集まる
水のマイナスイオンをたっぷり浴びてきました。
体も心も浄化され、また気持ちを新たに
頑張れますように。
 

21:42 | お散歩 | - | trackbacks(0) | - | - |
京漬物 福田本店
  
京都の食文化研究、今回は二条寺町にあります
『京漬物 福田本店』さんにお邪魔し、代表の
福田正夫さんとお話しさせていただいた時のこと
を綴らせていただきます。

 
「お漬物は彩りもよく、家庭を幸せにする
スパイスのような存在」と表現された福田さん。

お漬物は添え物であるけれど、京都では昔から
食卓に欠かせないものでした。
京都ではお漬物屋さんが今でも100件以上あり、
福田さんは京都の歴史的な背景からもより良い
ものを作ろうとする気質が皆にあり、研究熱心
な人が多いとお話されました。


お漬物に使われる野菜はものによって水分量も
違うので伝統的でシンプルな手法で作るから
こそ、ある一定のものに仕上げる難しさが
あるそう。
そこには日々の研究を重ね、熟練された職人
さんであるからこそできる技が必要とのこと。

素材を吟味し、切磋琢磨し、その素材の良さを
生かして作られた本物であるからこそ、京都の
お漬物は美味しくて魅力的と言われるのですね!

そして、本物のお漬物の魅力は、食物繊維も
豊富なうえに発酵食品ということ。健康、
美容食であるという点も見逃せません。

けれども、最近では家庭の食卓の変化で
お漬物自体が上らなくなってきているようで、
小学生の体験授業などで来て、初めてお漬物を
食べて美味しいと気に入る子供が多いそう
なのです。せっかくのおいしい、良いものを
食べる機会が家庭で減っているのは残念で、
もったいないですね。。
でも、美味しいものは子供たちにもちゃんと
わかるのですね!

ごちそうを食べた後のお漬物とお茶漬け、
これほどホッとして食べている食べ物は
ないなぁとお話をお聞きしながら、そんな
ことも思い出し、お漬物の魅力を再認識
させていただきました。

色とりどり、色々な魅力を持つお漬物、
これからももっともっと食べられると
いいですね!!
使い方も色々考えていきたいなと思います。

 
18:01 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |
大西漆器店
 
京都の食文化研究、今回は東山三条にあります
『大西漆器店』さんにお邪魔し、大西典子さんに
お話を伺ってきました。

優しく温もりを感じる漆器。
磁器や陶器とはまた違う女性的な優美さを放ち、
食卓を品よく整えてくれるところが素敵で好きです。

漆器に囲まれた店内は、ゆったりとした時間が
流れているようで、その中で漆器の魅力を
語ってくださった大西さん。お話を聴いて、
もっともっと、持っている漆器を上手く活用
していきたいなと思いました。

漆器を慈しんで扱っている時は、世の中が便利
になっていながらも忙しさに追いやられて心や
感覚を奪われているような中では決して感じ
られない心豊かな時間だと大西さん。
たくさんお話を伺っている中で、柔らかく
語られてたのが印象的でした。
漆器の魅力をますます感じさせていただき
ました。これから、漆器を扱う時、このお話を
思い浮かべながら私ももっと豊かな気持ちに
なれそうです。

向き合い、丁寧に大切に扱うことが、心を豊か
にするということを教えていただきました。
そういう時間を大切にしていきたいですね。
11:45 | 京都の食文化研究 | - | trackbacks(0) | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--